NY株式市場続落でドル売り加速!本日の日経225先物は上値重く売り優勢か!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » NY株式市場続落でドル売り加速!本日の日経225先物は上値重く売り優勢か!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NY株式市場続落でドル売り加速!本日の日経225先物は上値重く売り優勢か!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は、米指標の影響を受け値を下げた影響で、日経225先物も下落して終えていました。13日からは、12日のNY株式市場と為替市場の影響を受けての寄り付きとなるわけですが、当初は先週の下落を受けた買戻しが予想されていましたが、どうなったのでしょうか?

NYダウ続落

NY株式市場は、当初の買戻し期待とは異なり、原油価格が大きく値を下げた影響で続落しました。また、本日以降2014年10月~12月期決算が本格化していくため、様子見ムードも広がっているため上値が重い展開となりました。


NY為替市場は、原油安の影響で米株価が続落したため、ドルが売られ118円前半まで落ち込んでいます。


(先週)
日経VI・・・23.89▲(24.99)
RSI・・・59.1△(51.2)
暴落レシオ・・・93.77▲(97.78)
日経平均かい離率・・-1.46△(-1.72)
外資系売買動向・・・150万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・16,850




13日の日経225先物は、期待していた米国株式市場の買戻しがなく、原油安で続落してしまったことやその影響でドル円が118円台前半まで落ち込んだことで、上値が重い展開となりそうです。それ以外でも、ギリシャ情勢やロシア国際格下げ予想など不安要素が数多くあるため、米国市場の下落をきっかけに大きく下げる可能性もあります。
今週も外部要因を伺いながらの展開が続きそうです。


2015年の日経225先物はこれで決まり!
2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/393-2ba55003

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。