1/9は連休前の調整売りで小幅安!米指標の結果でドル買い加速! - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 1/9は連休前の調整売りで小幅安!米指標の結果でドル買い加速!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/9は連休前の調整売りで小幅安!米指標の結果でドル買い加速!

このエントリーをはてなブックマークに追加

1/9の日経225先物は、連休前ということもあり、調整や手じまいの売りが入ったことで、上値が重い展開となったが、下げは一時的でその後もみあう展開となりました。ナイトでは、欧州株の下落や米指標の結果がまちまちだったことで、大きく上げた後に、ドル売りが進んだこともあり300円以上値を下げ16000円台まで下落。円は119円台から118円半ばまでドルが売られています。

日経225ラージ3月限

◇日中:始値17,350/高値17,360/安値17,130/終値17,210(-140)
※売買代金:895,671,880(-89,647,820)/出来高:51,945(-5,509)(前日比)

◆夜間:始値17,200/高値17,280/安値16,920/終値16,940(-260)
※売買代金:769,081,700(+373,760,380)/出来高:44,921(+22,052)(前日比)



日経225ミニ3月限

◇日中:始値17,350/高値17,360/安値17,120/終値17,205(-145)
※売買代金:8,783,381,333(-769,833,616)/出来高:509,552(-47,664)(前日比)

◆夜間:始値17,185/高値17,290/安値16,915/終値16,930(-255)
※売買代金:8,981,822,535(+4,120,908,235)/出来高524,508(+243,361)(前日比)



NY株式市場は、12月雇用統計では非農業部門雇用者数が市場予想を大きく上回り、失業率も予想以上に低下していたことを受け一時上昇。しかし、その後発表の平均時給が予想外の減少結果だったことやフランスの銃撃テロでの立てこもりなどが後押しし、値を大きく下げました。


NY為替市場は、米指標の結果を受けたドル買いが加速し119円後半まで上昇したが、平均時給の予想外の減少を受けて早期利上げ観測が後退してしまったため、債券利回りの低下に伴うドル売りに拍車がかかってしまいました。


(前日)
日経VI・・・23.89▲(24.99)
RSI・・・59.1△(51.2)
暴落レシオ・・・93.77▲(97.78)
日経平均かい離率・・-1.46△(-1.72)
外資系売買動向・・・150万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・16,910




指数は上下しているがまだ問題ない値。昨晩の米指標は雇用状況は改善して一旦上げたものの、平均時給が予想を下回ったことが嫌気され大きく下落したわけですが・・・それでこんなにも下げるのかという印象ですが、欧州株下落、フランスの銃撃テロや週末だったこと、連日の続伸と、この状況下での1つのマイナス要因は大きな下げを生むきっかけとなってしまいました。
この米指標により、早期利上げが後退したことでドルが売られたわけです。雇用は改善しているのにと思ってしまいますが、平均時給を重視した売りなのか?それとも、来週に向けて一旦調整しただけなのか?定かではありませんが、これが要因で日経225先物はつられて大きく下げてしまいました。

来週は、一つの大きな指標が出たことで調整された格好であり、フランスの銃撃テロ収束もあって、前半こそ下げる可能性はあるが、底堅いイメージもあり、戻りも期待できます。しかし、ギリシャを含む欧州不安は燻っており上値は重い状況に変わりわなく、戻りも限定的となりでしょう。


2015年の日経225先物はこれで決まり!
2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/392-219f0120

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。