12/22からは大納会に向け「掉尾の一振」を意識した展開か? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 12/22からは大納会に向け「掉尾の一振」を意識した展開か?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/22からは大納会に向け「掉尾の一振」を意識した展開か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週は、FOMCなどの大きなイベントが終了、ロシアの金融市場が落ち着いてきたことも好感され、連日の続伸となりました。

日経225先物相場

本日からの日経225先物は、もっとも不安視されていたロシア金融市場の落ち着きから資金が流入しやすい状況となっているが、米国では機関投資家の多くがクリスマス休暇に入るため、流入の大きさは膨らみづらい状況と言えます。


(先週)
日経VI・・・24.24▲(24.72)
RSI・・・50.5△(44.6)
暴落レシオ・・・103.73△(101.31)
日経平均かい離率・・1.19△(-1.11)
外資系売買動向・・・670万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17715(+170)




為替は119円台を維持しており、海外資金がクリスマス休暇で入りづらい状況の為持ち合いが続く可能性があるが、嫌気材料も少ないので、「掉尾の一振」を意識した展開から買い優勢となりそうですね。

※掉尾の一振・・・12/20ごろから大納会に向けて株価が上昇するアノマリーのこと。


私は市場に左右されない投資法をご提案します!進化したTSS3rが投資の常識を変える!2015年のトレードを強力サポート!
tss3お申込み開始
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/377-4e000f97

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。