来週の日経225先物は投資家心理改善で続伸続くか? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 来週の日経225先物は投資家心理改善で続伸続くか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週の日経225先物は投資家心理改善で続伸続くか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

12/19の日経225先物は、投資家心理がだいぶ改善したことや円安が進んだことでもみ合いながらも続伸しました。また、ナイトでも、買いは続く展開となったが、一時ドル円が下げたことで、利益確定の売りが入ったもののNY株式市場の続伸で値を戻しました。

日経225ラージ3月限

◇日中:始値17,550/高値17,670/安値17,460/終値17,670(+120)

◆夜間:始値17,670/高値17,750/安値17,600/終値17,680(+10)

※売買代金:553,441,720/出来高31,303



日経225ミニ3月限

◇日中:始値17,550/高値17,665/安値17,465/終値17,665(+115)

◆夜間:始値17,680/高値17,750/安値17,600/終値17,600(-80)

※売買代金:702,187,885/出来高397,178




NY株式市場は、FOMCの影響は続き、利益確定売りがあったものの小幅にとどまりました。引けにかけて原油価格が5%以上上昇したことで、エネルギー関連株を中心に大きな買いが入る展開となりました。


NY為替市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)により利上げに向けて進む一方、日銀は緩和策を維持し、さらなる調整を確認したことで、日米の金融政策のかい離が拡される中、ドル買い円売りが強まりました。


(前日)
日経VI・・・24.24▲(24.72)
RSI・・・50.5△(44.6)
暴落レシオ・・・103.73△(101.31)
日経平均かい離率・・1.19△(-1.11)
外資系売買動向・・・670万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17715(+170)




連日の続伸で、徐々に指数が上昇してきていますが、まだ安定しています。為替にもよるが、投資家心理も改善している状況なので買いが続く可能性はありますね。来週は大納会に向けて利益確定売りが入りながらも18000円を目指す動きとなるか?!

注目は、24日第三次安倍内閣発足、26日11月失業率・有効求人倍率、家計調査、消費者物価、鉱工業生産など発表されるほか、米国では、22日11月シカゴ連銀全米活動指数、23日7-9月期GDP確報値、11月中古住宅販売件数などが予定されているので、この辺りを確認しながらの相場になります。


私は市場に左右されない投資法をご提案します!進化したTSS3rが投資の常識を変える!2015年のトレードを強力サポート!
tss3お申込み開始


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/376-49febb1d

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。