原油安から世界同時株安で日経225先物の動きはどうなる? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 原油安から世界同時株安で日経225先物の動きはどうなる?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原油安から世界同時株安で日経225先物の動きはどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

12/15の日経225先物は、寄り付きから大きく下落して始まりました。与党圧勝は織り込まれ、先週の原油安やクリスマス休暇による米株式大幅下落の影響からドル売り加速で大きく下落した後は、日銀短観が好感され、押し目買いが入るも限定的でした。ナイトではさらに下落し、17000円を割った後は戻すも引けにかけてドル売りの影響で下落幅を拡大しました。

原油安が止まらない

NY株式市場は、前半は先週の大幅安で値ごろ感や11月鉱工業生産指数が高い結果を示したため買いが入ったが、やはり原油安が止まらず、エネルギー関連に大きな影響を与えており、ロシアも大きな原産国ということもあり通貨と株式が大きく下落していることで世界同時株安となっています。


NY為替市場は、米国やロシアなど中心に世界同時株安によりリスク回避の円買いが加速しています。また、オーストラリア立てこもり事件も嫌気されています。


(先週)
日経VI・・・26.59▲(28.77)
RSI・・・41.9▲(50.4)
暴落レシオ・・・102.32▲(109.12)
日経平均かい離率・・・-1.82▲(0.20)
外資系売買動向・・・470万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・16730(+25)




指数は軒並み下げており、買いやすくなっていることや、外資も買い越していることを考えると反発も期待できます。ドル円やCMEも下げ止まってますし。しかし通常であれば、産油国ではない日本は原油安だと景気にプラスであるが、どうしても米市場に引っ張られてしまうため、これ以上原油が下がれば米シェールガス関連(ハイ・イールド債)などが暴落しリーマンショックの再来が懸念されています。

あと、もう一つ反発しずらい要因が16.17日のFOMCのフォワードガイダンスの変更です。もし、利上げ時期を明確にし、「相当な期間」の文言を削除されるという観測が現実のものになれば、更なる下落が予想されているため、米株式は買いづらい状況。

日本とは反対にVIX指数は上昇しているので、反発しても米市場を見極める動きから、上値は重くなりそうですね。まぁヘッジの思惑もありますが・・・



私は市場に左右されない投資法をご提案します!進化したTSS3rが投資の常識を変える!2015年のトレードを強力サポート!
tss3お申込み開始


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/372-83e6b386

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。