12/9は8日ぶりに反落!買われすぎ解消で日経225先物はどうなる? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 12/9は8日ぶりに反落!買われすぎ解消で日経225先物はどうなる?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/9は8日ぶりに反落!買われすぎ解消で日経225先物はどうなる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

12/9の日経225先物は、やっとと言える8営業日ぶりの反落となりました。8日の欧米株安や円安一服を受け下げ圧力が強まり、徐々に利益確定売りが入りだしました。RSIの急上昇でやはり解消する動きが出てきましたね。引けにかけても、ドル円が下がり続け、下げ幅を拡大しました。ナイトでも、ドル円の下げは止まらず、一時117円台まで下げたことが嫌気され、さらに下落したした。

8日ぶりの反発

NY株式市場は、中国経済が当局の短期融資に関する担保規制の厳格化によって成長が鈍化するとの懸念や、ギリシャの政局混乱への不安から中国、欧州の株式市場が下落したことが影響し、米市場も下落してはじまりました。世界的に株安となったこともあり、利益確定売りが優勢となりましたが、売り一巡後は、米景気への期待から徐々に買い戻される展開となりました。


NY為替市場は、各付け会社フィッチが日本国債の格下げの判断を明らかにしたことや、中国と欧州での情勢が不安視され、リスク回避の円が買われる展開となりました。一時は117円台まで下げた後は、米景気の期待から引けにかけてドルが買い戻されました。


(先週)
日経VI・・・26.25△(25.16)
RSI・・・70.5▲(84.5)
暴落レシオ・・・119.43▲(134.77)
日経平均かい離率・・・2.67▲(3.70)
外資系売買動向・・・1180万株売り越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17615(-5)




昨日の大きな下げで調整され、買われすぎ感は後退しているので、買いやすくなっている状況ではあります。しかし、週末のメジャーSQを控え週の水曜は荒れるというジンクスもあることから、売り買い交錯するかもしれません。衆院選も控えており、大きな買いは入りにくい状況もあります。10-12月期法人企業景気予測調査や中国の11月消費者物価の動向も注目です。


進化したTSS3rが投資の常識を変える!2015年のトレードを強力サポート!
tss3お申込み開始


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/366-dc0d842a

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。