11/25JPX日経400先物開始で相場は活況となるか? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 11/25JPX日経400先物開始で相場は活況となるか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/25JPX日経400先物開始で相場は活況となるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の日経225先物は、過熱感もあり調整入るも、その後は日銀やGPIFの買い入れ思惑が下支えとなり、押し目買いが入るなどもみ合う展開が多い週でした。

JPX日経インデックス400


11/24のNY株式市場では、先週の中国や欧州の金融緩和を受けて過去最高値の流れから、買いが先行されました。しかし、27日に予定されている石油輸出国機構(OPEC)総会の結果を見極めたいという思惑から、上げ幅縮小する展開となりました。ダウ平均とS&P500指数は最高値を更新しています。


NY為替市場は、連休中に中国の利上げを受けた上昇をみせ、118円半ばまで上げました。次期総選挙の比例代表投票で、自民党支持が42%になるとの世論調査が出たことで、与党有利の思惑から円の上値が重くなりました。


(先週比)
日経VI・・・24.68▲(24.79)
RSI・・・68.3▲(75.0)
暴落レシオ・・・145.54△(134.78)
日経平均かい離率・・・6.32▲(6.65)
外資系売買動向・・・130万株買い越し
日経平均先物CME(円建て)・・・17490(225比+110)




11/25の日経225先物は、円建てCMEが高いので、プラスではじまる可能性はあるが、以前全体的に買われすぎ感があり、暴落レシオが上昇しているため調整に警戒です。

今日からはじまるJPX日経インデックス400先物に注目です。これにより、採用銘柄を手当てする動きなど人気によっては、影響があるかもしれません。また、昼過ぎには日銀金融政策決定会合議事要旨の公表のあと黒田総裁の会見が予定されているので、28日には、10月失業率・有効求人倍率、消費者物価指数、鉱工業生産の発表を控えており、GDPが悪かった分これらの数字が良かった場合は大きく上昇する可能性があるため、28日までは手控える可能性もあります。


負けないことに特化した日経225投資システムの決定版!
TSS体験キャンペーン

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/353-5b3560ba

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。