11/25に登場するJPX日経400先物を徹底解説! - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » JPX日経400先物 » 11/25に登場するJPX日経400先物を徹底解説!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/25に登場するJPX日経400先物を徹底解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ETFでは以前からあったJPX日経インデックス400ですが、新たに11/25からJPX日経インデックス400の先物取引が開始されます。
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の買い入れ先としてすでに1500億円投資済みであることや、日銀の緩和策の中にも、上場投資信託(ETF)の買い入れ対象にJPX日経インデックス400が追加されたことでも注目を集めている商品ということもあり、11/25からの動きが注目です!
JPX日経インデックス400

そこで、JPX日経インデックス400ってどんなものなのか?知らない方のために簡単に解説します!


JPX日経インデックス400とは?


日本取引所と日本経済新聞社により、2014年1月6日から算出されている新しい株価指数となります。TOPIXや日経平均株価たちと同じ仲間になります。



TOPIXや日経平均株価と何が違うのか?


TOPIXや日経平均株価は流動性(株式市場での取引量の多さ)や会社の規模などを重視した指数になります。それに対して、JPX日経インデックス400はそれだけではなく、「投資者にとって投資魅力の高い会社」であることがプラスされて構成されています。
もう少し詳しく説明すると、資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、400社を対象とした指数になります。


400社の中に採用されるのはどんな会社か?


JPX採用基準

流動性や会社の規模などのほか、収益性、投資者を意識した経営観点などの基準をもとに、上位400社が採用されています。

jpxのポイント





収益性の基準であるROEとは?


ROEが高い会社、営業利益が大きい会社が採用される仕組みになっているんですが、ROEとはどういうものなのでしょうか?
ROEとは


ROEとは、Return On Equity(自己資本利益率)の略で、企業活動の元手資金のうち、株主から集めたお金(自己資本)に対して、企業がどれだけの利益を稼いだかを表しています。
つまり、株主として企業の株式に投資をしたとき、その投資に対する儲けを表す指標です。
この数字が高いほど、株主から見て収益性の高い魅力的な企業だといえるのです。




ROEの計算方法

ROEの計算方法


指数別ROE比較

ROE比較
※このことから、JPX日経インデックス400にはより安定的な企業が入っていることになります。



投資者を意識した経営の観点・定性基準とは?


400社の選定にあたっては、以下の3点が補完的に加味されています。

1. 独立した社外取締役の選任(2名以上)・・・企業経営の透明性向上が期待されます。

2. 国際会計基準(IFRS)を採用または採用を決定・・・国際的に統一された会計基準の導入状況です。

3. 決算情報英文資料のTDnetを通じた開示・・・グローバルな投資基準の一つとして、英文開示の状況です。




JPX日経インデックス400で運用するには?


JPX日経インデックス400で運用する方法はJPX日経400ETFと2014年11月25日から開始される先物取引の2種類あります。
まず、JPX日経400ETFから見ていきましょう!



JPX日経400ETFとは?


まず、ETFとは、「Exchange Traded Fund」の略で、上場投資信託といいます。これは、株式と同じようにリアルタイムで取引ができる投資信託のことです。
JPX日経400や日経平均株価など特定の指標の動きに連動するように運用されており、値動きが分かりやすいのが特徴です。

JPX日経400ETFとは、それ自体が上場銘柄の1つとなって株式と同じ口座で取引ができ、値動きは投資信託のようにJPX日経400の指標と連動するよう運用管理されたものです。簡単に言うと、株式投資と投資信託が合体したようなものです。
JPX日経400ETF


JPX日経400とETFが連動

ETFを1銘柄買うことで、JPX日経インデックス400に採用されている400社に投資することができます!
ETFの価格はインデックスに連動するため、わかりやすい!





JPX日経インデックス400の連動ETFが上場している主要銘柄


野村アセットマネジメント   ・銘柄コード: 1591
   ・名称: NEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信
   ・管理会社: 野村アセットマネジメント
   ・信託報酬: 0.20%(税抜)
   ・分配金支払基準日: 毎年4/7、10/7(年2回)


日興アセットマネジメント   ・銘柄コード: 1592
   ・名称: 上場インデックスファンド JPX日経インデックス400
   ・管理会社: 日興アセットマネジメント
   ・信託報酬: 0.10%(税抜)
   ・分配金支払基準日: 毎年1/8、7/8(年2回)


三菱UFJ投信   ・銘柄コード: 1593
   ・名称: MAXIS JPX日経インデックス400上場投信
   ・管理会社: 三菱UFJ投信
   ・信託報酬: 0.078%(税抜)
   ・分配金支払基準日: 毎年1/16、7/16(年2回)


大和証券   ・銘柄コード: 1599
   ・名称: ダイワ上場信託 JPX日経400
   ・管理会社: 大和証券投資信託委託
   ・信託報酬: 0.18%(税抜)
   ・分配金支払基準日: 毎年1/10、7/10(年2回)



上記のJPX日経インデックス400ファンドはこちらで取扱いしています




JPX日経インデックス400先物取引とは?


いよいよ、JPX日経インデックス400の先物取引が11/25より開始されます。
先物取引とは、「あらかじめ定められた期日」に「特定の商品(原資産)」を「取引の時点での約定価格」で取引することを言います。「日経225先物」などと同じように「JPX日経インデックス400」も指数を原資として取引する形になります。


株式投資との違い


取引期間が決まっている・・・先物取引は、取引できる期間があらかじめ設定されており、期限が到来すると決済されます。

差金決済・・・株式投資のように、売買の都度、代金を受渡するのではなく、売買により生じた損益(差額)のみの受渡を行う。

証拠金取引・・・株式投資では、10万円の株式を買う場合、10万円の資金が必要となりますが、先物取引は証拠金と呼ばれる担保を差し入れて取引を行います。




JPX日経インデックス400先物取引の概要


・対象指数: JPX日経インデックス400
・取引時間: 9:00~15:15、16:30~翌3:00
・限月: 3・6・9・12月を対象とする5限月の取引
・取引最終日: 各限月の第2金曜日(休業日に当たる場合は、順次繰上げる)の前日に終了する取引日
・取引単位: JPX日経インデックス400×100円 (100倍)
・呼値の刻み: 5ポイント
・最終決済: SQによる差金決済




JPX日経インデックス400先物取引なら、SBI証券がおススメ!


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/352-ea3abf35

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。