日経225で掛かる税金の話 - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 投資初心者の方へ » 日経225で掛かる税金の話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225で掛かる税金の話

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経225をはじめとする、株価指数先物・オプション取引、国債先物取引による所得には、当然のことながら税金が掛かります。


まずその課税方法ですが、これらの取引による所得には、本業などのほかの所得と分離して課税されます。


サラリーマンがこれらの取引によって所得を得た場合は、会社からの給与(多くの場合税金は天引きと思われる)のほかに税金を納める必要があるということです。


進化したTSS3rが投資の常識を変える!2015年のトレードを強力サポート!
tss3お申込み開始
その税率は20%となっており、内訳は、所得税が15%、地方税が5%となっています。
また、これらの取引は利益が出るばかりではありません。


損失が出た場合は、控除の対象となりますが、1年間に生じた損失の額のうち、その年に控除しきれない金額については、翌年以降3年間にわたって繰り越し控除をすることが出来ます。


損失が出ても申告をしておくと、この対象となります。
納税方法は確定申告によります。


取引によって差金決済した結果生じた売買差損益から手数料や消費税を控除した損益金額を年間で合計し、その結果利益が生じていた場合にその利益が課税対象の所得となるわけです。


日経225の投資でワクワクしたい方は...
↓ ↓ ↓ ↓
こちらをクリック!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/35-4380c7d8

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。