日銀サプライズで大幅続伸!来週の日経225先物はどうなる!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 日銀サプライズで大幅続伸!来週の日経225先物はどうなる!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀サプライズで大幅続伸!来週の日経225先物はどうなる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/31の日経225先物は、黒田バズーカー第2弾をサプライズで発射したことで、一気に上昇し、1日で700円以上上げて日中を終えました。予想では、今回の日銀金融政策決定会合では目立った追加緩和は行われず、来年に行われるとみられていた量的金融緩和が前倒しで発表されたことで、市場は織り込まれていなかった分慌てて買いが入ったかたち。

日銀追加緩和


日本市場の売買代金も、2兆円程度から一気に4兆円以上といかに不意を打たれたかがわかりますね。


この大きなサプライズは、為替にも影響。日本にとどまらず、欧州株式市場や米株式市場にも影響を与え、軒並み上昇しました。その影響もあってナイトでも小幅に上昇を続け、17000円に迫る勢いでした。


米国株式市場は日銀のサプライズに加え、米指標も好感されたことでダウ・ナスダックともに上昇。ダウ平均株価とS&P500指数が揃って過去最高値を更新しました。


NY為替市場は、日銀追加緩和に加え、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国内債券運用比率を削減し、国内外の株式や外国債券の運用を増やす方針を示したことも材料となり、円売りが加速。日銀とFOMCとの金融政策のギャップがさらに広がったことで円は112円台まで一気に上昇しました。


来週の日経225先物は、日銀の量的緩和の影響を受けての上値を試す展開となりそうですね。連休を挟むこともあり、熱がどれくらい冷めるかも注目です。いずれにしても、これで先行きを示すイベントが日米ともに出揃い、外国人投資家が日本株を4週ぶりに買い越していることもあり、しばらくは好調が続くのではないかと考えられます。

来週のイベントとしては、4日の米中間選挙と7日の米10月雇用統計が注目となります。


日銀の追加緩和と年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の株式組み入れ比率の引き上げをしたことで、株式市場には好材料となっています。しかし、このことは消費税増税を後押しするものでもあるためもし、年内に消費税増税を決定することがあれば、また大きな下落の可能性が高くなります。

なぜなら、日銀黒田総裁は消費税増税をしない影響の方が対応できないと言っている通り、増税肯定派です。しかし、海外投資家の半数以上は増税しない方がよいという意見が出ていることもあり、増税するほうが市場の影響が大きく、消費も落ち込むことが予想されるからです。


今後、安倍首相の判断がこの先の日本の株式市場を左右するといってよいでしょう。


市場に左右されず勝ち続けたいあなたに日経225高勝率システムトレード
日経225高勝率投資ツール「TSS」サイト


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/332-131e25de

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。