乳幼児の医療に自腹を切っている人は今すぐ給付の手続きを! - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 主婦の方が得する情報 » 乳幼児の医療に自腹を切っている人は今すぐ給付の手続きを!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乳幼児の医療に自腹を切っている人は今すぐ給付の手続きを!

このエントリーをはてなブックマークに追加

乳幼児は頻繁に病気になったり、思わぬケガをしたりと、病院への通院の機会も多く、医療費もバカになりません。


それに対して市区町村が独自の子育て支援策として設けているのが、乳幼児の医療費制度なのです。


この制度は、一定年齢までの乳幼児の医療費を補助してくれるもので、市区町村によって、対象となる年齢や、助成の内容、助成の仕方などが異なります。


まずは、自分の住んでいる自治体ではどうか、確認してみましょう。


乳幼児の医療費助成制度を利用できるのは、赤ちゃんが健康保険に加入していることが条件になります。


加入後、その市区町村が定める条件を満たせば(所得制限がある自治体もあります)、所定の手続きを済ませると、「乳幼児医療証」が交付されます(自治体によっては健康保険証に子どもの名前が記載されるだけの場合もあります)。
ちなみに、東京都では医療費助成を小学6年生までに拡大しています。


ご出産を控えた妊婦さんは、あらかじめ市区町村で所得制限の有無をはじめ、制度の詳細を確認しておきましょう。


赤ちゃんが誕生したら、すぐに、会社員なら総務または健康保険組合に、自営業なら役所で健康保険への加入手続きを済ませて下さいね。


是非、知らなかった方は利用して下さいね!


主婦のみなさんも一緒にお小遣い稼ぎしましょう!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/33-6c84b8d1

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。