NYダウ大幅反発、円安の流れで10/24の日経225先物はどうなるか!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » NYダウ大幅反発、円安の流れで10/24の日経225先物はどうなるか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYダウ大幅反発、円安の流れで10/24の日経225先物はどうなるか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/23の日経225先物は、前日の米国株安を受けて売り先行でスタートしたものの、その後10月のHSBC中国製造業PMI(購買担当者景気指数)が発表され、市場予想を上回ったことを受けて上昇。引けにかけて下げたものの、ナイトでは米株式市場の大幅反発で再び上昇し、その後も上げ幅拡大し続け引けました。

米株式市場


NY株式市場では、この日の主要企業の好調な決算が相次いだことや、欧州経済指標が好感され寄り付きから買いが先行しました。また、9月景気先行指数が予想を上回ったことも好感され堅調な推移となりました。その後、引けにかけて米でエボラ感染の疑いで検査を受けている医療関係者がでたことでやや上げ幅を縮小しました。


NY為替市場でも米国株式市場の好調な推移と、米国の新規失業保険申請件数4週平均や継続受給者数が14年ぶりの低水準になったことを背景に債券利回り上昇に伴うドル買いが継続しました。また、中国や欧州の指標が予想外に改善したため世界経済への懸念が後退し、リスク回避の円が売られる展開となりました。


10/24の日経225先物は、米株式市場の大幅反発や、円安の流れ、円建てCME先物が前日の225先物比230円高の15370円なっていることなどの外部要因で、堅調な推移が予想されます。しかし、引けにかけては週末であることや、来週のFOMC(連邦公開市場委員会)、日銀金融政策決定会合とイベントが控えているため手控えから売りが入る可能性がありますね。


◇好感材料
・シカゴ225先物清算値15365円、大阪比225円高
・NYダウ大幅上昇、主要企業の決算を好感
・欧州株式市場続伸、予想上回る経済指標を受け
・ユーロ圏10月PMI速報値、前月から上昇
・米ゼネラル・モーターズ(GM)、7-9月期決算は市場予想を上回る
・米マイクロソフト、7-9月期決算は市場予想を上回る
・米半導体SOX指数、上昇
・東証REIT指数、続伸
・ドル/円、円安進行(108円23-26銭)
・ユーロ/円、円安進行(136円89-94銭)


◆嫌気材料
・野党、宮沢経産相を政治活動費問題などで追及へ
・カナダ銃乱射事件を受け欧米でテロへの警戒感
・米アマゾン・ドット・コム、7-9月期決算は市場予想を下回る



勝ち続けたいあなたに日経225高勝率システムトレード
日経225高勝率投資ツール「TSS」サイト


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/325-159b00df

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。