10/20の日経225先物は大幅反発!21日相場はどうなるか!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 10/20の日経225先物は大幅反発!21日相場はどうなるか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/20の日経225先物は大幅反発!21日相場はどうなるか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/20の日経225先物は、先週の米市場の影響で寄り付きから大きく反発し、その後も戻すことなく上昇しました。ナイトでは、NYダウの影響もあり、一時下げる場面もあったものの15,000円を下支えにした動きで終えました。

10/20のNYダウ

NY株式市場では、ハイテク大手の決算がさえず一時は売りが先行したが、先週までの下落により値ごろ感があることで買い戻す動きがありました。また、エボラ出血熱の新たな発生が出ておらず、消息の兆しがあることも好感材料となり、大きな下げはなくプラスで終えました。

NY株式市場では、米国債券利回りの低下に伴うドル売りなどで、106円台に戻す展開となりました。


10/21の日経225先物は、NY株式市場で下げる展開もあったが、底堅く続伸したことで落ち着きを取り戻していることが好感材料になり、大きな下げはなく始まりそうですね。ただ、上げて始まったとしても短期的な利益確定売りも入りもみ合う可能性がありますね。様子を見ながらも徐々に上げていってくれると良いのですが・・・


本日は、中国において指標が多く発表される他、米9月中古住宅販売件数などが市場に影響を与えそうです。しかし、予想ではプラスの結果となりそうなので、予想通りであれば更なる上昇の後押しとなるでしょう。


◇好感材料
・NYダウ続伸、IBMの決算を嫌気も値ごろ感から買い戻し優勢に
・米テキサス・インスツルメンツ(TI)、7-9月期決算は市場予想を上回る
・米アップル、7-9月期決算は市場予想を上回る
・米半導体SOX指数、上昇
・ユーロ/円、円安進行(136円76-80銭)
・東証REIT指数、反発


◆嫌気材料
・9月コンビニエンスストア売上高、前年同月比1.3%減
・シカゴ225先物清算値15115円、大阪比5円安
・米IBM、半導体事業譲渡による損失計上で7-9月期決算は市場予想を大幅に下回る
・欧州株式市場、独SAPの業績見通し引き下げや予想下回る企業決算を受け反落
・ドル/円、円高進行(106円91-94銭)


勝ち続けたいあなたに日経225高勝率システムトレード
日経225高勝率投資ツール「TSS」サイト


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/322-d7ab3e8b

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。