10/20の日経225先物は上昇してはじまるか!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 10/20の日経225先物は上昇してはじまるか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/20の日経225先物は上昇してはじまるか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/20の日経平均225先物は、先週の米国市場の上昇を受けて、NYダウやシカゴ日経225先物清算値が大きく反発したこともあり、底値打ちが意識され、上昇するとみられます。

欧州中央銀行総裁

欧州経済は、緩和政策でひとまず落ち着くとみられますが、米国では反対に、月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和(QE3)が終了するとみられるため、そこまでは上値が重い可能性もあります。世界的な景気懸念を背景に、量的緩和終了の先送りが検討されてきており、、終了したとしても、早期利上げは後退するとみられるため、これ以上の大きな下げはないでしょう。


また、今週米国ではアップルやIBM、マイクロソフトなどが決算予定ですので、内容を見極める動きもあるでしょう。


国内のプラス要因では、日銀が今後、追加緩和する可能性があることや、年金管理運用独立行政法人(GPIF)が国内株式の運用比率を12%から20%台半ばまで大幅に引き上げる可能性がでてきていることなどがあります。


NY為替市場も、先週の欧米株高を受けて、過度に悲観的なムードが後退したことでリスク回避の円買いが後退し、ドル円は上昇。107円台まで戻しています。


今週は大きな上昇が期待できるので、どこまで戻すか注目ですね!


◇好感材料
・シカゴ225先物清算値14880円、大阪比350円高
・米9月住宅着工件数、前月比+6.3%と市場予想を上回る
・米モルガン・スタンレー、7-9月期決算は市場予想を上回り株価堅調
・米ゼネラル・エレクトリック、7-9月期決算は市場予想を上回り株価堅調
・NYダウ大幅反発、欧州の量的緩和期待や良好な経済指標を受け全面高
・欧州株式市場、欧州中銀(ECB)による量的緩和への期待から大幅反発
・米半導体SOX指数、上昇
・ドル/円、円安進行(107円09-12銭)
・ユーロ/円、円安進行(136円56-60


◆嫌気材料
・東証REIT指数、4日続落
・政府、10月月例経済報告で景気判断引き下げへ
・小渕経産相、政治資金問題で辞任へ


勝ち続けたいあなたに日経225高勝率システムトレード
日経225高勝率投資ツール「TSS」サイト


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/321-3732df8e

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。