日経225の利点と欠点を解説 - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 投資初心者の方へ » 日経225の利点と欠点を解説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225の利点と欠点を解説

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経225先物は通常の株取引と違い、買いと売り、どちらからでも取引に入ることができますので景気の状況に取引を制約されることはありません。


日経平均株価が上がると判断したら買いから取引に入ればいいし、逆に下がると判断したら売りから取引を開始すればよいのです。


株取引では「安く買って高く売る」が基本ですが、日経225先物取引ではそれに加えて「高く売って安く買い戻す」という2通りの取引で利益を得ることができます。


つまり、日本経済が不況に苦しんでいるときでも、それをチャンスにすることができるのです。


といっても難しい問題はあります。その問題点は、


一つは、日経225先物では「最安値買って最高値で売る」と「最高値で売って最安値買で買い戻す」ことが利益の最大化になります。
しかし、プロの投資家でも高値の天井と安値の底を判断することは至難の業です。


理解できない動きをするのが相場ですので、一般的には損を小さく・利益は大きく(損小利大)をすることだけを考えて、割り切って取引に望む必要があり、精神的に強くなくてはいけないのです。


二つ目は、取引を開始したばかりのときは、いつがチャンスなのかわからず、闇雲に取引を繰り返してしまうこともあります。
損切りをした直後に、反対のポジションを取ったら流れが反転、というような買えば下がる・売れば上がる状態に陥ることも珍しくはありません。
投資は確率が全てですので、勝率が低くなっているときや、チャートでしっかりとしたサインが出ていないときは取引をせずに流れを見守ることが必要となるのです。


これらの問題を全て解決してくれるものがあるとしたら、あなたも簡単に投資デビューできますよね!

毎日楽しく投資生活したい方は↓ ↓ ↓ ↓

進化したTSS3rが投資の常識を変える!2015年のトレードを強力サポート!
tss3お申込み開始

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/32-522ff893

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。