日経平均は地政学リスクで大幅安!10/3の日経225先物はどうなるか? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 日経平均は地政学リスクで大幅安!10/3の日経225先物はどうなるか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経平均は地政学リスクで大幅安!10/3の日経225先物はどうなるか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

10/2の日経平均は3日続落の大幅安となりました。日経225先物は米株安と円安一服を受けて寄り付きからナイトにかけて好感材料乏しく、継続して下げる展開となりました。

日経平均大幅続落

予想外の香港デモ悪化と米のエボラ発生などの地政学リスクの高まりで売りが売りを呼んでる状況は辛いですね。

香港デモ米エボラ


NY株式市場は、欧州中央銀行が(ECB)が発表した金融緩和策に対する失望感から売られた後は、買戻しの動きもありほぼ横ばいの水準で終了しました。


NY為替市場は、米新規失業保険継続受給者数が低水準となったことが好感され、ドル買いが進んだが、その後ドラギECB総裁が追加緩和を示唆しなかったことに失望感が株安をもたらしたことで、リスク回避の円買いに拍車がかかったのでした。


3日の日経225先物は、下げ止まるかが一つもポイントですが、欧州株急落の影響が出るかもしれませんが、売られすぎの部分もあり回復をめざす動きが下支えになるか?米の雇用統計の結果が悪くてもいけないし、良すぎても、早期金利引き上げにつながることもあり、様子見の展開で上値も重く、雇用統計まではもみ合いが予想されます。


米雇用統計の予想は失業率は横ばいで、非農業部門雇用者数は増加が予想されており、予想どおりか上回れば、好感材料となるんですが・・・


◆好感材料
・ユニクロ9月国内既存店売上高、前年同月比19.7%増
・米新規失業保険申請件数、28.7万件と市場予想よりも改善
・日銀のETF買い入れに対する思惑


◆嫌気材料
・シカゴ225先物清算値15585円、大阪比125円安
・NYダウ小幅続落、欧州株安を嫌気も下げ幅は縮小
・米半導体SOX指数、続落
・欧州株式市場、ECB理事会への失望で全面安
・ドル/円、円安一服(108円40-42銭)
・ユーロ/円、円安一服(137円35-38銭)
・東証REIT指数、続落


勝ち続けたいあなたに日経225高勝率システムトレード
日経225高勝率投資ツール「TSS」サイト


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/308-e86052ad

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。