19日スコットランド独立否決で大幅続伸!週明けの日経225先物はどうなるか!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » 19日スコットランド独立否決で大幅続伸!週明けの日経225先物はどうなるか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19日スコットランド独立否決で大幅続伸!週明けの日経225先物はどうなるか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

19日の日経225先物は、NY市場の影響を受け大幅続伸し、途中、スコットランドの独立の賛否を問う住民投票の開票が進むなか、独立否決見通しと伝わったことも好感材料でした。ナイトは大きな要因が過ぎ、週末ということで動きは少なかった。

スコットランド独立否決
米国株式相場はまちまち。ダウ平均は13.75ドル高の17279.74、ナスダックは13.64ポイント安の4579.79で取引を終了しました。スコットランド独立が住民投票で否決された安堵感から買いが先行しましたが、中国電子商取引大手アリババ(BABA)が新規上場で高値を付けると、ハイテクを中心に換金売りと思われる売りが広がり、上値を抑える要因となりました。


ニューヨーク外為市場で、ドル・円は108円60銭へ下落後、109円10銭まで上昇し109円04銭で引けた。予想を下振れた米国の8月景気先行指数を受けた債券利回り低下に伴うドル売りが一時優勢となったのち、フィッシャー米ダラス連銀総裁の発言「2015年春に利上げ開始を望む」を受けてドル買いが再燃しました。

ドル円110円

週明けの日経225先物は、今週同様、為替の影響を受けての動きになりそう。ドル円は節目の110円を見据えた動きに注目が集まっています。


TSS10月-12月期販売開始


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/294-a5197873

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。