NYダウ反発!SQ前日で日経225先物はどうなるか!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 日経225先物相場 » NYダウ反発!SQ前日で日経225先物はどうなるか!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYダウ反発!SQ前日で日経225先物はどうなるか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

10日の日経225先物は、下げで始まったが、売り一巡後は円安の影響もあり上昇。ナイトでは、3日ぶりにNYダウが反発したこともあり、さらに上昇し終わりました。

NYダウ


NYダウは、長期金利が上昇する中、売り優勢だったが、ダウ平均が17000ドルを割り込むと、割安になった銘柄を中心に買い戻す動きがあった。

外国為替市場では、予想を下振れた米7月卸売在庫でドル買いが弱まる場面もあったが、次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)でフォワードガイダンスが変更されるとの思惑から、ドル買いが根強く一段と高くなりました。また、日本の追加緩和観測を受けた円売りも継続されたことで、ドルが6年ぶりの高値をつけました。

※フォワード・ガイダンスとは
中央銀行が金融政策の先行きを明示する指針。具体的には、声明等を通じて、政策金利を据え置く期間を示唆したり、将来の政策変更の条件を設けたりするなど、市場参加者の予想や期待に働きかけ、政策が市場金利に及ぼす影響を強めるのが狙いとされています。




11日の日経225先物は寄付きこそ、高値で始まるが、上値は重く、その後利益確定売りやSQ前日ということもあり、下げに転じるのかどうか!?16000円を超えるか!?安倍首相と日銀黒田総裁との会談はどうなるか!?


◆好感材料
・シカゴ225先物清算値15930円、大阪比130円高
・円安・ドル高
・円安・ユーロ高
・NYダウ反発
・東証REIT指数、6日ぶり反発


◆嫌気材料
・米大統領が「イスラム国」討伐でシリアでの空爆承認の構え
・米7月卸売在庫、市場予想下回る
・欧州株式市場、スコットランド懸念が燻り上値重い


TSS10月-12月期販売開始



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/286-3feca157

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。