暑い夏の対策!高齢者の熱中症予防とは!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 年金生活者の方へ » 暑い夏の対策!高齢者の熱中症予防とは!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏の対策!高齢者の熱中症予防とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

台風も過ぎ去り、蒸し暑い日が続いています。

こんな暑い日に高齢者や子供が一番気を付けなければいけないのが熱中症です。

高齢者の熱中症

熱中症で救急搬送される人は年々増えており、そのうちのほぼ半数は65歳以上の高齢者と言われています。

重症の場合は死に至ることもある熱中症の対処法と事前の予防法を正しく知り、暑い夏を乗り切りましょう!

熱中症とは!?


熱中症は、高温、多湿の環境で大量に汗が出て、体内の水分やミネラルのバランスがくずれたり、体温の調節ができなくなったりすることで起きるさまざまな症状のことをいいます。近年、日本は高温多湿になっており、それに伴って熱中症の患者も増加しています。



熱中症が起こる状況とは!?


日差しが直接当たる場所
日差しが照りつける場所では、熱中症が起こりやすくなります。レジャーや家庭菜園などの農作業場所、ウォーキング中、炎天下の買い物など

室内熱中症
最近は、節電に対する意識が高まるなか、過度にエアコンの使用を制限して熱中症になるケースが多く、「節電熱中症」とも呼ばれています。室内熱中症は、部屋の気温や湿度が高く、通気性が悪い環境で発症しやすくなります。

夜間熱中症
夜間の睡眠中は汗で体内の水分が多量に失われることなどが原因です。



何故、子どもや高齢者が熱中症になりやすいのか!?


高齢者の主な理由は、老化に伴い、暑さや寒さを感じる皮膚のセンサーが鈍くなることで起こります。

◆汗腺が委縮し汗が出にくく体温調節がスムーズにできない
◆脳の深い部分にある浸透圧感受性が鈍感になり、のどの渇きを覚えにくくなる
◆体内の水分量が元々少なく、50%(新生児70%、成人60%)と少ない

このような理由で高齢者は熱中症になりやすいのです。

しかも、高齢者の場合、軽症であっても30分ほどで一気に重症化することがあるので早めの対応が必要になります。

乳幼児の主な理由は、体温調節機能が十分に発達していないため、気温の変化にうまく対応できず、熱中症にかかりやすくなります。

さらに、身長が低い子どもやベビーカーにのせた赤ちゃんは、大人以上にアスファルトからの照り返しを受けているので注意が必要です。
大人が常に体調をチェックし、いつもより顔色が悪い、くちびるが渇いている、ぐったりとしている、尿が少ないといった症状があれば早めに病院を受診してください。



熱中症の症状とは!?


症状は3段階に分かれており、

軽度: 熱失神・熱痙攣
熱中症の症状が軽度のとき。体温を下げるために、体の表面部分の毛細血管が拡張して血液が集まります。そのため、一時的に脳への血流が減少し、めまいや立ちくらみ、頭痛、吐き気などが起こります。
また、炎天下で運動をしたときなど、大量の発汗によって、体内のナトリウムが失われます。血液中のナトリウム濃度が低下することによって、筋肉の収縮を引き起こし、手足の痙攣や筋肉痛、こむら返りなどが起こります。

中等度: 熱疲労
体内の水分が減少して体液や血液量が不足すると、それに伴って脈拍や血圧が低下。強い疲労感や倦怠感、おう吐につながります。適切な処置が遅れると、より重い熱射病に移行しやすい危険な状態です。

重度: 熱射病
脱水症状が進行し、もっとも症状が重い状態。体温の調節機能に異常をきたし、体温が40℃を超えます。ひきつけや意識障害、多臓器不全につながり、重篤になると死に至るケースもあります。



熱中症の予防法とは!?


熱中症の対策

1. 水分補給はこまめに
体内の水分が不足して、脱水症状を起こしていても、初期の段階ではのどの渇きをあまり感じられません。
そこで、熱中症を予防するには、のどが渇く前から定期的に水分をとるのが良い。とくに、発汗量が多いスポーツや入浴前後、就寝前は、水分補給を是非してください。体への吸収率を高めるために、少量ずつこまめに飲むのがポイントです。

熱中症の予防に適しているのは、水や麦茶、そば茶、ルイボスティー、スポーツ飲料など。それ以外にも、水に砂糖、塩を入れた「経口補水液」、0.1%~0.2%の食塩水なども良いでしょう。
経口補水液を安く購入する


2. 規則正しく、栄養バランスのよい食生活
暑い季節は、食欲がなくなって麺類ばかり食べているという人も多いのでは? すると、内臓や脳の働きが悪くなって、気温の変化に対応しにくくなります。そこで、野菜やフルーツ、肉や魚もしっかりとるようにしましょう。
バランスのよい食事を心がけると、熱中症の予防に必要な水分やミネラルなどを自然に補給することができます。


3. 室内を28度以下に保つ
室内が28度を超えたら窓を全開にして風通しを良くし、扇風機やエアコンなども利用し、28度以下になるように常に気を付けるようにしましょう。ただし、室温が低くなりすぎると、皮膚の表面の血管が収縮して体内の熱を発散させにくくなるので、24℃を下回らないようにしましょう。
オススメ扇風機はコチラ⇒http://atusataisaku.biz/


4. 入浴時は低い温度で短時間にする
40℃のお湯に10分間つかると、体内から約500mlもの水分が失われると言われています。脱水症状に陥らないようにするために、入浴の前後にコップ1杯の水分をとることを習慣にしましょう。とくに高齢者は熱めの湯を好む傾向がありますが、湯の温度は40℃以下に。また、湯船につかる時間も短めにします。


5. 外出時は気温が一番高い正午~15時を避ける
もっとも日差しが強く、気温が高くなる正午から午後3時は、外出を控えたほうがベター。買い物など屋外を出歩く用事は、なるべく午前中のうちにすませるようにしましょう。また、外出する際は、日傘や帽子といった日差しをさえぎるアイテムを必ず持参して。UVカット機能がある素材を使用した商品を利用するのもいいでしょう。
オススメ暑さ対策グッズはコチラhttp://atusataisaku.biz/



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/273-3eb1cf8f

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。