NISAのインデックスファンドで一喜一憂の日々 - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 投資初心者の方へ » NISAのインデックスファンドで一喜一憂の日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NISAのインデックスファンドで一喜一憂の日々

このエントリーをはてなブックマークに追加

知り合いのAさんがNISAはどうなのかと私に聞いてきました。


その人は投資経験がなく、初めてだったのですが、NISAに興味を持ち少額で始めたそうです。


どんな種類の商品をやっているのかと聞くと、NISAの日経225連動型のインデックスファンド(株価指数投資)を30万円の資金で始めたそうです。


投資経験がない人がNISAを始めるのであれば、アクティブファンド(個別銘柄投資)だとどの企業に投資するのかじっくり考え、日本株でも3,000以上ある銘柄の中から、選別する必要があります。投資した後も、その企業の状況、株価推移を見守り、状況に応じて銘柄入替えを行うなど手間が非常に掛かります。


その点インデックスファンドだと面倒な個別銘柄を選択することなく、「少ない資金で、手間無く、かつ低コストで分散投資を実現できる」ことになります。極端に言えば、「ほったらかしで、楽チン」に運用することが出来るのです。


なので、投資を始めたばかりのその人にとっては良い商品といえます。


ただ、日経平均の上げ下げで一喜一憂している毎日なのだそうです。


NISAのインデックスファンドは売りと買い両方発注できる日経225ミニCFD日本225とは違い、下がると予想したとしてもどうしようもないので、上昇相場ではそのまま持ち続けて問題ないでしょうが、下落相場では手放すか、持ち続けるのか判断に迷ってしまうリスクがあります。


しかも、NISAは証券会社や銀行の意見が入ってくるので自分のタイミングで取引がしにくい面があります。


だからといってNISAが悪いわけではなく少額投資非課税制度などメリットも多いので、私は投資がこれからは必要不可欠になると考えているので、投資を一から始める人にとっては投資を始めるきっかけにしてもらえればいいかと考えていまし、良い勉強の機会でもあると考えています。


最終的には、AさんにはNISAのメリットとデメリットを理解してもらうことが一番重要だとお話ししました。


少額投資を自分で判断して取引したい人のための投資システム
TSSとCFDで少額投資ができちゃいます



コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/256-7d47484f

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。