損失の落胆は得したときの2.5倍の訳 - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 幸せを望む方へ » 損失の落胆は得したときの2.5倍の訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

損失の落胆は得したときの2.5倍の訳

このエントリーをはてなブックマークに追加

この前から感情が行動に影響を与えるというお話をしていますが、他にもあります。


それは人間は利益よりも損失に対してより敏感に反応する。


これをモデル化したのが、ノーベル賞を受賞したダニエル・カーネマンらの「プロスペクト理論」です。


投資で儲かったときはむろんうれしい。


しかし、逆に損をしたときにはそれをはるかに上回る程度で落胆するのです。


その落胆ぶりは利益が出たときの約2.5倍といわれています。


もし投資で1万円損をしたとしたら、感情的な落ち込みは2万5千円分のレベルに達するのです。


負けると感情に与える影響が大きいということはそれ以降の投資にも影響を与えてしまい、負のスパイラルに入り、冷静な判断ができなくなってしまいます。


ですから、勝つことも大事ですが、なにより負けないことが投資を続けていく上で重要だと私は考えています。


そこでまず私たちが推奨するのはシステムトレードです。これによってまずは人間の感情的な判断でわなく、法則に基づいて判断することができます。


システムトレードは数あれど私たちの提供するシステムは負けないことを前提にしていますので、投資をより長く楽しんでいただくことができるのです。


私たちはみなさんにワクワクを提供します!


ワクワクしたい方はこちらをクリック
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/25-1ad9831f

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。