「平成26年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の提出が必要な方とは!? - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 年金生活者の方へ » 「平成26年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の提出が必要な方とは!?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平成26年分公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の提出が必要な方とは!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず最初に老齢年金には、所得税法により、『雑所得』として所得税および復興特別所得税がかかります。


なお、障害年金、遺族年金には税金はかかりません。

※老齢年金とは、老齢または退職を支給事由とする年金(老齢福祉年金を除く。)をいいます。

公的年金等の受給者の扶養親族等申告書


年金受給者が所得税の課税対象となる方は・・・


所得税の課税対象となる方は、次の金額の老齢年金を受け取られた方です。

65歳未満の方は108万円以上

65歳以上の方は158万円以上


所得税の課税対象となる方は、「扶養親族等申告書」を提出する必要があります。


「扶養親族等申告書」を提出されない場合は、各種控除が受けられないだけでなく、源泉徴収税率も異なります。


年金に係る所得税額および復興特別所得税額の計算は、課税対象となる方が提出された「扶養親族等申告書」をもとに行われています。


毎年、所得税の課税対象者には日本年金機構から 、「扶養親族等申告書(はがき形式、2種類のうちいずれか)」をお送ってきます。

青色のはがきは昨年も扶養親族等申告書を提出された方(継続提出者)

墨色のはがきは昨年に扶養親族等申告書を提出する必要がなかった方(新規提出者)


コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/211-73b55769

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。