日経225miniが株やFXよりも確実な理由! - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » タートルシステムトレード » 日経225miniが株やFXよりも確実な理由!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225miniが株やFXよりも確実な理由!

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人投資家にピッタリな「日経225mini」

 そもそも、「日経225mini」ってなに? という方も多いことでしょう。


 「日経225mini」は、大阪証券取引所が個人投資家向けに開発し、2006年7月に新規上場した商品です。従来の日経225先物と比べると、取引単位や証拠金は10分の1ですみます。


 ちなみに、日経平均先物は、日経平均株価(日経225)を1000倍した金額が最低の取引単位で「1枚」。機関投資家や多くの金融機関が、これを「100枚」とか「1000枚」と取引し、多い時には、1日につき10万枚を超える商いが行われることもあします。


 ですが、普通の個人ならば、このように大きな金額を簡単に動かすことはできません。


 そこで誕生したのが「日経225mini」なのです。


日経225先物を、その10分の1に小口化したのが「日経225mini」。


今では、もともと日経225先物を取引していた人だけでなく、FXを行っている多くの投資家が「日経225mini」に、続々と参入しています。



ショートポジションなら、FXよりも有利!?

 「日経225mini」の特徴として、「売り」からスタートできるレバレッジ効果が得られるということなどがありますが、この他に、株式投資に発生するような倒産リスクがないこと、銘柄の選択が不要であることも挙げられます。その点では、FXと商品性が似ています。


 あえてFXとの違いを探せば、FXは通貨ペアの金利差に応じて、スワップ金利を払ったり、受け取ったりする必要がありますが、「日経225mini」には金利がない。


 このように説明すると、ロングポジションにしても金利が得られず、FXよりも不利だと考える人も多いでしょう。


しかし、だからこそ、金利の心配をすることなく、「売り」からもスタートできるのです。



もちろん、株式投資ではないのだから、ポジションをショートにしても、貸株料を払う必要もないのです。


考えるべきことは、日経225という指数が、上がるのか、下がるのかということだけだ。そのヒントが、「日経225mini両建て投資法」にあります。



リスクヘッジの手段としても活用できる!

 次に、「日経225mini」を取引するメリットを挙げてみます。

 たとえば、今、トヨタ自動車(銘柄コード:7203)の現物株を保有していたとします。長期投資の方針で、簡単には手放したくありません。


 しかし、マーケットの雲行きが怪しくなり、トヨタの株価は買い値を下回って、含み損が出ている状況で、この先どうなるかわからない。


 このような時に、「日経225mini」をショート・ポジションにするのです。


 「日経225mini」をショートにしておけば、値下がりをカバーし、リスクヘッジすることができるのです。機関投資家の多くが、実際に、日経225をリスクヘッジの手段として活用しているのと同じ方法です。


このようなことから、FXをされている方はもちろん株式投資をされている方も一度日経225miniに挑戦しませんか!!


初めての方にも安心!日経225両建て投資法「タートルヘキサグラムシステムトレード」はこちら
タートルヘキサグラムトレード

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/189-5d0b5f36

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。