日経225先物での確定申告は必要です - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 投資初心者の方へ » 日経225先物での確定申告は必要です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225先物での確定申告は必要です

このエントリーをはてなブックマークに追加

日経225先物取引・日経225ミニ取引・日経225オプション取引で発生した利益は、申告分離課税の雑所得として課税の対象になります。

一定の利益以上は確定申告が必要になります。

確定申告が必要な場合と必要のない場合があります。必要な場合には確定申告をおこない、納税が必要となりますので、早めに確認することをお勧めします。


確認すべきポイント

・税制概要

こちらでは、日経225先物取引・日経225ミニ取引・日経225オプション取引の確定申告の大まかなポイントをお伝えします。

日経225先物取引・日経225ミニ取引・日経225オプション取引で発生した年間の通算利益は課税対象となり、原則確定申告が必要です。

日経225先物取引および日経225ミニ取引、日経225オプション取引による利益は課税方式が「申告分離課税」の「雑所得」となり、その税率は所得税15%住民税5%となります。

日経225先物・日経225ミニ取引・日経225オプション取引の年間の売買損益合計がプラスの場合、原則確定申告をおこない、納税することが必要です。
※ 年収2,000万円以下の給与所得者の場合、給与所得以外の所得の合計が20万円以下であれば原則申告不要です。ただし、この場合でも住民税の申告は必要となります。


【売買損益がマイナスの場合のポイント】

日経225先物・日経225ミニ取引・日経225オプション取引の年間の売買損益合計がマイナスの場合、確定申告の義務は発生しませんが、確定申告をおこない、損失の繰越控除の手続をすることで翌年度以降最大で3年間その損失を繰越し、翌年度以降に発生した利益と損益通算することができます。



損益の計算方法

・課税対象は、基本的には「売買益」の決済確定分

【課税対象】

日経225先物取引・日経225ミニ取引・日経225オプション取引では、保有する建玉を反対売買による決済をおこなって1年間に確定した利益から売買手数料など取引にかかった費用を差し引いた金額が課税対象となります。
※ オプション取引でオプションの売方が権利行使の割当を受けなかった場合、当初の受取オプション料(プレミアム)は利益として、また、オプションの買方が権利放棄した場合、当初の支払オプション料(プレミアム)は損失として決済損益に含まれます。


・取引中の建玉は課税対象外

年間損益とは実現損益を指します。未決済建玉の含み損益(評価損益)は税金の算出をするうえでの損益には含みません。 また、税金の算出をするうえでの年間損益は、原則として受渡日ベースで1月1日から12月31日までとなります。約定日ベースでの申告をご希望になる場合はお住まいの地域を管轄する税務署にご確認ください。

・日経225先物・オプション取引の年間損益は同じ所得区分、課税方式の商品との損益通算が可能

税金の算出をするうえでの年間損益は同じ所得区分、課税方式の商品との損益通算が可能です。日経225先物取引・日経225ミニ取引・日経225オプション取引の損益は、商品先物、くりっく365(「取引所取引」の外国為替証拠金取引)などと損益の通算が可能です。ただし、株式とは所得区分、課税方式が異なるため損益の通算はできません。


注意事項

株式と異なり、日経225先物・日経225オプション・日経225ミニ取引には税制上、特定口座が適用されないため、証券会社から年間の損益をまとめて記載した「年間取引報告書」は発行されません。

先物・オプション取引の確定申告の際は、取引の都度発行される「取引報告書」等により申告書の記入に必要な数字を確認する必要があります。

申告までの準備

申告までの準備
日経225を始めるなら

進化したTSS3rが投資の常識を変える!2015年のトレードを強力サポート!
tss3お申込み開始

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/174-c3962b40

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。