年収1000万円世帯を直撃のアメックスプラチナ会費値上げで変わることとは - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 老後と投資 » 年収1000万円世帯を直撃のアメックスプラチナ会費値上げで変わることとは

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年収1000万円世帯を直撃のアメックスプラチナ会費値上げで変わることとは

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年度からアメックス(アメリカンエキスプレス)プラチナカードの年会費が従来の10万5000円から、一気に3万1500円も値上げして、13万6500円となりました。

カード各社がプラチナを発行していますが、アメックスはその中でもステータスでは最高位に位置し、会費も最高額になったことで名実ともにナンバー1になったのです。

ところが、ホルダーには、センチュリオン(ブラック)と違い、高所得のビジネスマンも多く、家族に退会を迫られるなど悩む人も出現しているそうです。

アメックスプラチナ

実は選ばれた1.4%

 「プラチナカード会員さまへ」

 今年度に入ってから、更新の時期を迎えたアメックスのプラチナ会員には年会費値上げの案内を順次送付しているようです。

 まず、プラチナの価値はどれほどあるのか。それは、楽天リサーチが2011年に行った「クレジットカードに関する調査」に詳しく表れています。メインカードの保有タイプ別では「一般カード」が87.0%で最も多く、「ゴールドカード」11.3%となる。さらに「プラチナカード以上」となると、1.4%にとどまってしまいます。

 会員数は非公開ながら、つまり上位1.4%というある種のエリート意識をくすぐるかのような数字ですね。当然ながら自ら希望して保有資格を得ることができるものではなく、カード会社から案内であるインビテーションが来て初めて会員になる資格を得ることができるのです。

 会費は各社様々ですが、アメックスの場合はこれまでも10万5000円で高かった。会員は富裕層でなくとも、年収1000万円前後の高所得の部類に入るビジネスマンも多くいるためか、経済状況の変化によって家計の見直しの対象になるのも、プラチナの宿命でもあるのです。

 リーマンショック後の不況時には、その会費を嫌ってか「他の提携カードの会員が増えるという現象が一時的にあり、アメックスプラチナから移ってきているのでは」ということも言われていました。

 現在の物価上昇と増税が進む中で、今年はさらに3万1500円という大幅値上げになってしまったのです。


■プラチナは10年以上の保有者も多い

 3万1500円の値上げによって、会費に見合うだけのサービスの大幅拡充が行われたことは間違いありません。たとえば、次のような追加があります。

ホテルメンバーシップ
提携高級ホテルグループの上級会員資格

フリーステイ 
提携高級ホテルでの無料宿泊など

ワンワールド
加盟航空会社を利用の際に優待

 他にも、有名料理店で会員限定のコースを2人以上で注文すると、1人分が無料になるなどのサービスもあったり、実際には会費以上のサービス拡充という解釈もできます。
もちろん、24時間利用可能なプラチナコンシェルジュデスクも健在で、使いこなせば使いこなすだけの見返りは十分期待できることは言うまでもありません。

 前出の楽天リサーチの調査で、利用期間の項目で見ると、「10年以上」は、プラチナ以上が42.9%で、一般の18.6%、ゴールドの33.6%よりも高いのです。

 この数字から、プラチナ以上のカードにかなり愛着を持っているという言い方もできます。おそらく、長年の習慣や愛着から、続ける人も多いのではないでしょうか。

タートルヘキサグラムトレード

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/157-bbff29b5

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。