子どもが第三者に与えた損害(個人賠償責任)へのおススメ対策法 - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 主婦の方が得する情報 » 子どもが第三者に与えた損害(個人賠償責任)へのおススメ対策法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもが第三者に与えた損害(個人賠償責任)へのおススメ対策法

このエントリーをはてなブックマークに追加

・子どもの保障は考え方もイロイロです

子どもが生まれたら真っ先に思い浮かぶのが学資保険、という人も多いのではないでしょうか。

それ以外にも、入院したら・・・ケガしたら・・・など気になりだしたらキリがありませんよね。

人によっては一生涯の医療保険を、生まれたらすぐに加入して・・・ということもあるかもしれません。

そう、親の保障と同様、子どもの保障の考え方にも正解はありません。

大切なのは子どもの保障に対する考え方、価値観です。


・保険の役割と、優先順位から考えてみる

そもそも保険の役割とはなんでしょうか。

一般的には万が一の場合に経済的に困らない、すなわちお金に困らないように備えるのが保険の役割とされています。

であれば子どもが病気やケガで入院した場合に、どれだけお金に困るかというのが一つの判断基準になります。


多くの地域では、小学校入学までは医療費は無料となっています。

となると、医療費だけ見ればお金の面では困らないといえます。

その一方で、子どもが病気になると親が仕事を休まねばならず、その分収入が減るのをカバーしようと考えれば、いくらかの保障が必要となるでしょう。

このように同じ出来事も、価値観が変わると対策も変わります。

ぜひその点をふまえ、自分達には子どもの保障が必要か、考えてみてください。


・個人賠償責任保険は、おすすめです

ここまでは主に生命保険の切り口からお話してきましたが、子どもの保障として最優先で考えていただきたいものがあります。

それが個人賠償責任保険です。

個人賠償責任保険とは、例えばお隣さんのガラスを割った、スーパーで陳列品を落として壊した等、日常生活において第三者へ損害を与えた場合にその損害を賠償するための保険です。

最近でも子供の自転車事故で親が賠償責任を負う判決がでたりしていますが、子どもが起こした事故は、まず親の管理監督責任が問われますので、事前に備えておくことはとても有効です。中でも示談交渉サービスのある個人賠償責任保険がいざというときには使いやすく、お勧めです。

単独で準備する方法もあればクレジットカードに付帯されているもの、共済のように子どもの病気やケガへの保障と、個人賠償責任保険がセットになっているものもありますので、興味のある方はぜひ、身近なプロへ相談し自分達にあったプランを見つけてください。


主婦の方は忙しく、時間もありません。そんな主婦の方でも簡単に投資をしていただける方法がここにあります

2015年の新しい投資法をご提案します

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/150-16f7445a

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。