60歳からの保険は3つの保障が必要 - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 老後と投資 » 60歳からの保険は3つの保障が必要

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60歳からの保険は3つの保障が必要

このエントリーをはてなブックマークに追加

定年前後に生命保険を見直してみよう!

「保険」というと、皆さんどのようなイメージを持っていらっしゃいますか?

定年後の保険1


このように考えている方は、保険を上手に活用できていないのではないでしょうか。保険はあくまでも暮らしを守るためのもの、その考え方は老後でも変わりません。

不必要な補償を見直して保険を賢く活用すれば、保険料は決して高いものではなく、「安心料」と感じられるはずです。

定年前後は保険を見直す絶好のタイミング

今必要な保障と今後必要な保障をしっかり見極め、最低限の保険料で必要な保障を確保できるよう、ここで見直してみましょう。


60歳から本当に必要な保険とは?

現在、50代から団塊の世代ぐらいの方ですと、定期付終身保険にご加入されている方が多いでしょう。定期付終身保険の魅力は「掛け金の割には死亡保障が大きいこと」ですが、この死亡保障も60歳になると定期部分の保障は終了し、主契約の終身部分(150万円から200万円の場合が多い)のみになってしまいます。

もちろん大きな死亡保障は魅力ですが、子供が経済的に独立すれば学費の心配がなくなりますし、住宅ローンも退職金である程度返済のメドがたつということならば、いつまでも高額な死亡保障をつけておくよりも、これからはご自身に必要な医療保険や介護保険へ切り替えていく必要があります。

定年後の保険2

老後の大切な資金を、いつまでも不必要な保険で浪費する必要はありません。

負けない投資   
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/123-970512e5

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。