福島の子供が危険! - 年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報

年金生活者と主婦の方向けの資産運用法とお得情報 ホーム » スポンサー広告 » 福島の子供と原発輸出 » 福島の子供が危険!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島の子供が危険!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんばんわ!

今日はほんとに許せないので書きます

福島県の子供で「甲状腺がん」にかかっている、または疑いのある人数が増えていることがわかりました。


2011年3月に起きた福島第一原発の事故以来、福島県では当時0~18才の子供を対象に甲状腺の検査が行われています。


5日、「県民健康管理調査検討委員会」の座談会のおいて、これまでに12人の子供が「甲状腺がん」と診断され、15人に疑いがあると発表されましたが、1986年に起きたチェルノブイリ原発事故では放射性ヨウ素を体内に取り込んだ被ばくから4~5年経って、「甲状腺がん」の患者が多く見つかっていることから、「総合的に判断して被ばくの影響は考えにくい」と説明していますが、 今後も増加するとみられています。


放射線による身体への影響は年数を経て出てくるといわれていますが、 今回の診断結果と原発事故に因果関係は本当にないのでしょうか・・?


因果関係の証明が難しいから保証がなかったり、手薄というのは問題があるようにも思います。


この話で私が何を言いたいかと申しますと、安倍政権はまだこうした多く問題を抱えているさなか、原発を輸出することを考えているのです。


自国をこのような状態にした原発を輸出することがありえないのです。


同じ輸出をするのであれば、何故、世界に誇るクリーンエネルギーの技術を世界に発信していかないのか?


普通に考えて違和感があることを公然と行っていることに怒り浸透です


みなさんはどう思われますか!?

日本をクリーンエネルギーの大国にしたいと密かな野望を抱き続けていきたいと思います

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://synchronicityhy.blog.fc2.com/tb.php/116-29658717

Windows 7 高速化 - 重いソフトを快適に動作させる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。